不倫されたときの相談

もし不倫されてしまったならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。そうすれば、不倫の証拠集めを手伝ってくれたり、配偶者や不倫相手に対して忠告をしたり、交渉をしてもらえます。もし本当に離婚することになったならば、慰謝料の請求にも対応してくれるでしょう。慰謝料については配偶者から請求することもあれば、同時に不倫相手に対しても請求できるケースがあります。

相談不倫といってもそれぞれ状況はかなり異なります。もし慰謝料を請求することになったとしても、それぞれの状況によってその金額はかなり異なるのです。自分のケースではどのくらいの慰謝料を請求できるのか弁護士に計算してもらうことができます。

弁護士に相談をすることによって冷静に対処できるようになるでしょう。これから自分がどのような行動を取るべきなのかもしっかりとアドバイスをしてくれます。たとえば不倫相手の身元が分からない場合には調査を提案してくれるでしょう。どのようにして調査すれば良いのかも弁護士は熟知しているのです。

不倫をされてしまい、もう配偶者と顔を合わせたくもないというケースもあるでしょう。この場合は弁護士に代理人として行動してもらうこともできます。このように弁護士はとても頼りになる存在です。