離婚の慰謝料を相談

これから離婚をしようと考えている方は弁護士に相談をすると良いでしょう。そうすれば、できるだけ高額な慰謝料を請求することができます。慰謝料というのは夫婦の同意があれば自由に決めることができるのですが、そこで話がこじれるケースは少なくありません。そんなときには法律の専門家である弁護士の出番となるのです。

慰謝料請求もしその離婚の原因が相手方にあるならば、その内容によっては高額な慰謝料を請求できることがあるでしょう。また、離婚をしたあとでも3年以内であれば慰謝料を請求することが可能です。弁護士に相談をすると、このような細かいケースについてもきちんとアドバイスしてくれるでしょう。また、慰謝料に関して注意するべき点についてもしっかりと教えてくれるため、損をしないで済むのです。

基本的に慰謝料というのは責任のある方からない方へと支払われるものです。もしどちらにも責任がないならば慰謝料は発生しません。たとえば、性格の不一致による離婚の場合は、どちらにも責任があるとはいえないため、慰謝料の請求はできないのです。この点は注意しましょう。

弁護士に相談をすることによって、自分はどのくらいの慰謝料を請求することができるのかが分かるでしょう。

関連サイト > 弁護士への国際離婚・離婚相談なら小原法律特許事務所